双極パーソナル

サービスに関する質問はLINEで受付中
サービスにかける想い【動画4分41秒】
こんなお悩みありませんか?
  • 躁うつ症状で転職や休職を繰り返してしまう
  • イライラで同僚や家族との関係性が悪い
  • うつで会社を休みがち
  • このまま継続して働き続けられるか不安
  • 病気のことを受け入れられない
  • コロナ禍がキッカケで再発した
双極パーソナルは 専属トレーナーとともに
双極性障害で働く人の 困りごと解決
を目指すサービスです
専属トレーナーの私、松浦も以前は双極性障害に関連する悩みをもち、働きづらさを感じていました。
その際に利用したリワークでの経験や、その後私が支援者になり500人以上の双極性障害の方に関わる中で、働きながら伴走者とともに困りごとの解決を目指すサービスがあると良いのではと考え「双極パーソナル」を作りました。
 
※双極パーソナルを利用するには、個別相談の参加が必要になります
【無料】働くに悩む方の個別相談
 

双極パーソナルの特徴

困りごと解決に向けたオーダーメイドのプランを策定し、病気の特徴を理解したトレーナーが伴走
面談と日々のやりとりで些細な変化もフィードバック
「躁うつ症状についてのトリセツ作成法」や「キャリアの棚卸しワーク」など動画コンテンツも用意
 
全てオンラインで提供するサービスのため全国どこからでも利用可能
上場企業や主要官庁の産業医を兼務する精神科医がサービス監修

プログラム概要

 
双極パーソナルの提供期間は3ヶ月。その中で以下のようなプログラムを実施していきます。

トレーニングセッション(全7回)

週1回、1対1のオンライン面談を実施。 初回に困りごとをヒアリングしてオーダーメイドのプランを作成。
 
以後、プランをもとに課題を設定し解決に向けて進めていきます。

デイリーワーク(90日間)

オーダーメイドプランから日々取り組む課題を設定。体調の記録とともに専用のオンライン環境で共有いただきます。
 
トレーナーが出来ている点や質問などをコメントすることで、気づきにつなげていただきます。

集団ワークショップ(1回)

「困りごとの解決に向けたブレストイベント」を企画し、集まった就労中の双極性障害の方からアイディアをもらいます。
 
トレーナー以外の複数の当事者の方からの視点による気づきを得る場です。
※運営元リヴァのリワークサービスでは11年間で累計の社会復帰者数が約1212名(2022年7月現在)にのぼり、そこで培われた支援方法やプログラムが双極パーソナルのベースとなっています。
【無料】働く悩む方の個別相談

受講者の取り組み紹介

Aさん
困りごと
社労士として就労中。以前、うつ病で離職した際にリワークを利用済み。
昨年、イライラの症状が強くなり双極性障害に診断変更。怒りを含む軽躁症状への対処に困っている。
解決に向けて
サービス終了時に対処が整理され上司への共有を目指している。
症状への対処方法を動画を用いて整理面談やデイリーワークでトレーナーがアドバイスする形でサポート。
Bさん
困りごと
客先常駐のクリエイターとして就労中。過去に20社以上の転職経験があり躁状態で働き過ぎて、うつで離職を繰り返した。
就労に定着できるか不安で将来のビジョンが描けなかったり、予定が多くなって土日に何も出来ずに過ぎてしまい、困っている。
解決に向けて
最初はいかにやることを減らし、リフレッシュの時間を作るかをトレーナーと検討。
ライフワークのバランスを整えながら、3ヶ月目でキャリアデザインのワークを活用し、将来ビジョンの基礎づくりをサポート。

双極パーソナル受講までの流れ

個別相談(無料)のページから相談申込みをする
自動返信メールでオンライン面談のURLを確認 ※GoogleMeetを使用
面談日までに話したいことを整理
当日オンラインで相談(松浦が対応。合わせて双極パーソナルの詳細をご紹介)
まずはお気軽に困りごとを 相談ください!
双極性障害の診断を受けている方で「双極性障害」「働く」に関することについて、双極パーソナルの専属トレーナー松浦が個別で相談対応をします。 無料で45分程度になります。お話を伺った結果、双極パーソナルをご利用いただくことがプラスになると判断した場合にはサービス詳細を説明します。無理にご紹介することはございません。
個別相談は枠も限られるため予約後に無断でキャンセルされた場合、2度目の受付はお断りさせていただきますので、予めご了承ください。
 
サービスに関する質問はLINEで受付中